FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青山二郎の眼

jirounome


別冊太陽「青山二郎の眼「が出版されたのは1994年でした。青山先生が亡くなったのは79年ですから亡くなって15年してからの出版でした。天才的な目利きであると知っている人は以外に少なく、知っていても青山先生の文章も生き方も難解で理解するのが難しいため時間がかかったと言うことなのでしょうか。宇野先生の「青山二郎の話」や白州正子さんの「今なぜ青山二郎なのか」が出版されて、青山先生のことを知りたいと思う人が増えたことがこの本の誕生につながったといえます。
この本の構成は青山先生を研究している青柳恵介さんですが、陰の構成は青山先生と長く暮らしていた奥さんの和子さんといえます。白州正子さんが青山二郎の最高傑作と言った和子さんなしにこの本は出来なかったといえます。写真の配置にしても青山二郎直伝の和子流があり、ビラビアンカで青山先生にの指示に従って奥の部屋から骨董を運び、丁寧に箱から出していた和子さんを思い出します。
この本の誕生がその後の「青山二郎の眼」展につながっていきます。
スポンサーサイト

桜・桜・桜

早咲きの熊谷桜はもう葉桜ですが、暖かい陽気につられていろいろな桜が咲き出しています。 
蒲1  

蒲2

kaba3 
先ず、この桜はミレニアム植樹と言って西暦2000年にできた埼玉県縁の桜(清雲寺枝垂れ桜、蒲桜、など)の種を2001年に蒔いて発芽した桜です。友人たちで育て、埼玉国体に合わせ2004年に熊谷スポーツ文化公園に約50本植樹した仲間です。写真の親は北本市の蒲桜です。蒲桜は彼岸桜と山桜の雑種と言うことで、花は皆小さいものが多くそれぞれ個性的です。

jyoukou 
少し遅れて咲き出したのは常光院の小久保清子さんからいただいた枝を挿し木にした桜です。染井吉野の雑種と言うことで花びらは少し大きめで、白く一重です。大島桜の特徴が強く出ているのでしょうか。

さらに数日して咲き出しました。これからの桜は志木市の深谷良男さんが育てていた桜です。

mikuruma 

牛車で通った貴族が今見た桜は一重か八重かで言い争いになり引き返して確かめた所から、または後水尾天皇があまりの美しさに牛車を引き返したとも言われたところから、その名がついたと言われる「御車返し(みくるまがえし)」。花により花弁の数が5枚の花と6,7枚の花とがあるので、八重一重とも呼ばれています。大変あでやかな桜です。

hatasakura 
志木市の長勝院にある山桜で旗弁が特徴の「長勝院旗桜(ちょうしょういんはたざくら)」。花だけでなく葉も綺麗なのが山桜の特徴です。写真では見づらいのですが、一番下の花に旗弁があります。山桜らしい清々しい桜です。

ukon 

黄色の色が特徴の桜で最近は時々見かけるようになった「鬱金(うこん)」。満開です。満開を過ぎると、中心が赤みを帯びてきます。花びらは七から十数枚 あります。

fugen 
記録では室町時代にその記述があると言われ、普賢菩薩が乗る象の牙のように2本の葉化した雌しべが特徴の「普賢象(ふげんぞう)」。数輪咲き出しました。花びらは20~50枚 もあります。

omoi 
最後は小山市郊外を流れる川から名付けられた「思川(おもいがわ)」、先日(財)日本花の会結城農場にでも見かけました。あでやかな桜です。花びらは10枚位の重弁です。

sizuka  
もう1種類の静桜(しずかさくら)はさらに3日ほどして咲き出しました。
静御前に因んで名付けられた桜で、栗橋町縁の桜です。

花弁は白く大きめで旗弁があり13,4枚あります。静御前らしく清楚な中に華やかさがあります。

 

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。