FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須物語Ⅰ

nasu1

                               昭和41年6月

宇野千代さんの那須物語は昭和41年に始まりました。宇野先生は友人に誘われ那須を訪れました。その頃は別荘ブームの走りでいくつかの業者が分譲をはじめたころで、那須の自然を気に入った先生は早速小さな土地を予約したのでした。自分の気に入ったものを人に勧めるのも千代流で、早速先代も6月初旬那須に誘われ、先生の隣を予約することになりました。当時、新幹線も高速もない頃で、上野から特急で2時間近くで黒磯に着き、駅からタクシーで4~50分かかりました。車では国道4号線をひたすら走り、夜でも5~6時間はかかりました。那須は東京からはとても遠い所でした。その那須に宇野先生は足繁く通うようになったのでした。

 

スポンサーサイト

染色展

houmongi

4月29日から5月5日まで熊谷の八木橋百貨店アートサロンで染色展を開催しました。
この会場は絵画や陶器の展覧会には向いていますが、きものを展示するにはテーブルと天井までの間隔が短いため訪問着を衣桁にかけて展示するには向いていませんでした。係りの方が天井の板をはずしてようやく置くことができました。
furisode

草木染めの訪問着や振り袖、小紋などのきものの他、友禅ストールや藍染め暖簾、テーブルセンターや藍染めハンカチ、藍染め日傘なども展示しました。
komon


noren

ゴールデンウィークということもあり、多くの方に来場していただき、楽しんでいただきました。

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。