FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊谷桜を育てる会

tugiki-kousyuu
                            指導する小山先生
熊谷桜は古く世に知られた桜で和歌などにも詠まれ、江戸時代の桜の書物「怡顔斉桜品」や「大和本草」にも名が出ていている貴重な桜です。早咲きの彼岸桜よりも少し早めに開花するので、一の谷の戦に熊谷二郎直実が平山武者所季重とがさきがけを争った故事にちなんで桜のさきがけという意味で名付けられています。宝暦2年の熊谷古絵図には石上寺境内に描かれ、「忍名所図絵」にも「石上寺境内に数樹あり花のころ美麗なり」と記されています。残念なことにこの桜は荒川の氾濫で流されてしまい、また幕末の混乱で多くの名物桜が失われたこともあって幻の桜となっていたのでした。私たちは熊谷桜を探していましたが、桜分類の権威川崎哲也氏の協力によりこの桜を見つけることができました。花の色は淡紅色で小輪八重咲きの美しい桜で、大木にならないので狭い庭や鉢植えで育てるのに適しています。現在では石上寺や中央公園などにあります。桜ファンクラブでは(財)日本花の会の協力を得て長年幻の桜となっていた熊谷桜の増殖に努めてまいりました。今月下記の通り(財)日本花の会より小山徹先生を講師にお迎えして、熊谷桜の接ぎ木講習会を行います。ぜひ皆さんも美しい熊谷桜の接ぎ木に挑戦して下さい。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

熊谷桜を育てる会
日時 9月13日(日)午後1時30分より
場所 熊谷市緑化センター(中央公園内)
会費 2000円
参加申し込みアドレス unochiyo_sensyoku@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。