FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アランの肖像画

Aran

恋愛に限らず何事にもまっしぐらと進むのが宇野千代流で、尊敬する人についてもそれが言えます。
宇野先生は昭和26年2月から3ヶ月ヨーロッパを旅行しました。そして4月2日にパリで彫刻家の高田博厚に案内され晩年の哲学者アランの家を訪れました。そこでアランから本を贈呈されました。帰国してからはアランの本を読むことに熱中し、私の先代にもアランの「幸福論」を読むように勧めていました。写真は宇野先生からいただいたもので、アランの肖像画の複製です。アランの「幸福論」が晩年の「幸福は幸福を呼ぶ」と言う生き方の原点になっているのではないでしょうか。
スポンサーサイト

「青山二郎の眼」展図録

jirou -hon1

写真は「青山二郎の眼」展の出品図録です。この本の作りはとても凝っています。本のカバーは二郎所蔵であった光悦の山月蒔絵文庫の表にある山月の蒔絵が印刷されています。そして、普通はなにも印刷しない内側にも山月蒔絵文庫の裏側の鹿蒔絵が印刷されています。この図録の制作には「青山二郎の眼」展の企画者である白州信哉さんがかかわっています。
jirou-hon2

開いたページの陶器は白州正子さん旧蔵でもある赤志野の香炉です。先日放送されたNHKドラマスペシャル「白州次郎」の中で、市川亀次郎扮する青山二郎が中谷美紀扮する白州正子に「何か骨董を買っているのか?」と言う問いに「赤志野の香炉を買いました。」と答えた香炉です。もっとも、そのドラマは事実に基づいたフィクションとことわりがあるように、その場面は全くのフィクションです。しかし、青山先生の陶器の時代づけなどが描かれて、興味深いシーンとなっていました。

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。