FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊谷桜接ぎ木講習会

接ぎ木

桜の接ぎ木の季節が近ついてきました。桜の接ぎ木は3月と9月が適期になります。3月の接ぎ木は切り接ぎと言って、いわゆる普通の接ぎ木になります。写真は昨年、(財)日本花の会結城農場で行った講習会です。指導は結城農場農場長で樹木医の田中秀明氏。田中先生には接ぎ木指導の後に農場内の桜を丁寧に説明していただきました。結城農場には300種類近くの桜が保存してあり、春には様々な桜が観察することができ、花見にお勧めの場所でもあります。
今年の接ぎ木講習会は熊谷の緑化センターで3月7日(日)午後1日30分より行います。
熊谷桜はとても美しい桜であまり大きくならない桜なので普通の家庭でも育てることができます。花の会の先生が丁寧に指導していただきますので、皆さんも是非ご参加ください。
スポンサーサイト

天才青山二郎の眼力

青山二郎の眼力

最近は青山二郎さんを取り上げた本はだいぶ多くなりましたが、この本は青山先生が収集した骨董は言うに及ばず、先生の人となりについてもかなり掘り下げています。2006年に発刊され、編者は「青山二郎の眼」展を企画した白州信哉さんです。展覧会に出品された「ととや」など骨董は年代順に掲載され、装丁や絵画など展覧会に出品されたものが掲載されて、いわばミニ展覧会と言えます。また、暮らしの一端も紹介され、先生を理解する上で役に立っています。

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。