FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の展示会

3月30日から4月1日までの3日間工房で展示会を開催します。

案内
春の展示会にはストールやテーブルセンターなどきもの以外の作品も沢山展示しいたします。
庭には熊谷桜が満開になっているはずです。春の一時桜とともに美しい染色作品を見るのは何でしょうか。

スポンサーサイト

国立劇場の熊谷桜

国立劇場開場45周年記念して歌舞伎公演一谷嫩軍記が演じられています。この歌舞伎に併せて行われて劇場内で熊谷物産展も行われています。物産展にハンカチなどの染め物を出品している関係で国立劇場に3月25日行ってまいりまいた。

劇場正面
大劇場の正面入り口です。

熊谷桜1
團十郎さんの手により植樹された小さな熊谷桜は入り口前の植え込みにありました。

説明
まだ仮ですが、丁寧な説明文もついています。

熊谷桜2
暖かな日差しに咲き出していました。
国立劇場の熊谷桜が大きく育ち、沢山の人に愛されることを願っています。今年は寒い日々が多いので今月30日からの桜祭りにも花が持ちそうです。



熊谷桜開花

熊谷桜1
寒さのため遅れていた熊谷桜がようやく23日になって開花しました。例年より1週間は遅い開花でした。

熊谷桜2
他の熊谷桜も咲き出しています。暖かい日が続けば満開も近いことでしょう。

熊谷桜3
ピンク色した沢山の蕾から2本の雌しべが外に延びています。

懐かしい小紋

懐かしい小紋が復活しました。昭和40年頃まではよく染めていた小紋です。

横段ワイン
昔は緞子の生地に染めていましたが、今回は縞大島紬の生地に染めました。大島紬はとても染めることが難しいのですが、きれいに染めることができました。ぼかしの具合も良くできています。

横段鳩羽
鳩羽色でも染めています。写真では紬の風合いまでは分かりませんがどちらも素敵な小紋となりました。

植樹の一日

3月中旬までは桜の植え替えに適した季節です。今年も熊谷市内の学校に植樹しました。

東中1
初めに熊谷東中学校の南の塀際に植樹しました。

東中2
林校長先生も休日にもかかわらず参加下さいました。

西小1
次に熊谷西小学校です。最初に掘った所は地下に大きなコンクリートの固まりがあり、少し離れたところに掘り直しです。

西小2
どちらの熊谷桜も沢山の人を楽しませてくれることと思います。

石上寺1
今年はもう一カ所熊谷桜の寺、星河山石上寺の庭園に植えました。蓬莱山をかたどった白い小石の端に新たに4本です。

石上寺2
小川三夫頭領の手によるみごとな本堂横にも1本植えました。

石上寺3

この日は丁度東日本大震災1周年の日でした。植樹の後、岡安ご住職様導師により慰霊の法要が行われ、私たちも参列させていただきまいた。ご本尊の千手観音様と震災犠牲者に上げられたお経は新しい本堂に響きわたり、亡くなられた多くの御霊に届いたことと思います。

石上寺4
地震が発生した2時46分に鐘楼の鐘を突き、犠牲者の冥福を祈りました。
いつもの植樹以上に意義深い一日でした。

国立劇場の桜

ポスター
3月3日から国立劇場で歌舞伎「一谷嫩軍記 熊谷陣屋」が上演されます。熊谷次郎直実は市川團十郎さんが演じられます。
上演に先立って團十郎さんは2月21日に熊谷直実縁の地を訪ねられました。それと共に熊谷市に国立劇場で生まれ、品種登録された桜「駿河小町」を寄贈し、熊谷市長と共に熊谷市中央公園に記念植樹されました。

植樹
そのお返しに熊谷からは直実縁の熊谷桜が国立劇場に寄贈されました。

打ち合わせ
打ち合わせのため国立劇場の方たちが工房に来て下さいました。熊谷桜について説明しました。

熊谷桜
この鉢の桜が團十郎さんの手で国立劇場に植樹されました。

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。