FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの成果

Kさんは昨年の11月から熊谷教室で気功を始められました。脳に動脈瘤があり、場所が悪く手術で取り除くことがむずかしいということでした。最初の練功(気功を練習すること)の後で外気調整をしました。するととても気の通りがよく、頭の中に違和感がすぐに感じられ、しばらく調整するうちに軽くなりました。ご本人も頭の中で重たい物がだんだん下がってくるように感じるとのことで、気感(気を感じる能力)の良さに驚きました。そらから熱心に熊谷教室に通われ半年ほどになります。先日教室で「1年ぶりの健康診断で胸のレントゲンを撮ったところ、肥大だった心臓が1センチ小さくなっていました。」と喜んでいらっしゃいました。心臓肥大のことは聞いていませんでしたが、一つの成果に喜んでいます。最近では外気調整で頭の違和感はほとんど感じられなくなり、動脈瘤も良くなっていると思っています
スポンサーサイト

淡墨桜

今年も淡墨桜は見事な花でたくさんの人を喜ばせているようです。

淡墨桜1
36年ほど昔の淡墨桜です。このときは小雨の中の桜でした。

淡墨桜2
昭和40年代宇野千代先生は枯れかかった淡墨桜を見て桜を生き返らせる活動を行いました。その活動が実を結び、元気になった淡墨桜を祝う会が岐阜県の主催で行われ、私も先生の会社の皆さんと一緒に参加させていただきました。今となってはとても懐かしい写真です。

気功指導員

会員証

妻が悪性リンパ腫という病気になって4年が過ぎました。病気がわかってすぐに妻と東京の大塚にある日本智能気功学院に通い気功を習いました。おかげで妻は寛解し、再発もせずに元気にしています。妻は昨年4月から気功指導員となって工房に教室を開き指導しています。私も一年遅れでようやく指導員になりました。たくさんの方に気功で元気になっていただきたいと思っています。

お花見

桜ファンクラブでは毎年春にお花見に行っています。今年は3月31日にバスで東京に行きました。
熊谷を朝の7時に出発して北区の飛鳥山公園には10時前に着きました。

飛鳥山1
江戸時代からの桜の名所飛鳥山公園はまだ染井吉野が満開で心配された天気も何とかもってくれました。

桜賦の碑
古くから桜の名所ということで佐久間象山の桜賦の碑もあります。

飛鳥山2
しかし公園に一角には病気治療中の桜がたくさんありました。てんぐす病に罹ったのでしょうか。
染井吉野は病気に弱いのです。

飛鳥山3
公園にある飛鳥山博物館では「ボンジュールジャポン展」が開催されていて、楽しく拝見しました。

隅田川1
そこから隅田公園に行きました。
こちらも江戸時代からの桜の名所です。隅田公園は現在スカイツリーも出来て大変な人出でした。

スカイツリー
スカイツリーはあまりの混雑で早々にひきあげました。

帝釈天
人で一杯の浅草でゆっくりとした後に柴又の帝釈天をお参りしました。
寒いながらも雨が降らず、まずますのお花見でした。

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。