FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の愛染堂

熊谷市の下川上にある愛染堂は古くから染色業者や花柳界から信仰さ、遠くは江戸からも信者が訪れていました。
昔には9月26日にも縁日が催されていたと言うことで、26日にお参りに行きました。

愛染堂1
入り口には古い石碑があります。左手には桂の木が青々と茂っています。

愛染堂2
祀られている愛染明王は市の文化財にしていされています。松の緑が鮮やかでした。
 
愛染堂4
昭和32年に本堂の屋根を改修したときの記念碑で、周りにはには綱が張ってあり、人が近づけないようになっています。

愛染堂6
記念碑の奥には直径15センチもある太いお茶の木が花をつけていました。

愛染堂3
正面からはさほどかわりがないように見えます。

愛染堂7
先日の台風による突風の影響もあったのでしょうか。北西の角は激しく壊れています。
とても美しい愛染堂でしたが、現在は残念なことに無惨な姿になっています。
スポンサーサイト

芽接ぎの講習会

9月16日の敬老の日に接ぎ木講習会を開催しました。
この時期の接ぎ木は芽接ぎで行います。
当日は朝から台風で雨風共に強く、生憎の天候でした。午後1時頃が風雨のピークで開会時刻の1時半には風雨共すこし弱くなりましたが、参加者は予定の半分以下になってしまいました。

小山さん
今回も講師には(公財)日本花の会から小山先生をお迎えしました。

芽接ぎ
人数が少ないこともあって、丁寧に指導いただくと共に、とても良い台木のオオシマザクラを花の会から手配いただき、今回は高い成功率が期待できます。

芽接ぎ2
熊谷桜に所縁ある石上寺のご住職にもご参加空いただき、熱心に接ぎ木していただきました。

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。