FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

赤絵の茶碗

akae


青山二郎さんは宇野千代先生の古くからの友人でした。青山先生の影響で宇野先生も骨董を収集したことがありました。後に白州正子さんが所有することになる赤志野の香炉も一時宇野先生の所有でした。写真の天啓の赤絵も宇野先生の収集の一つで、先生はこの茶碗で毎日牛乳を飲んでいました。宇野先生は骨董も実際に日常使うものでした。実物は「青山二郎の眼」に陳列されていました。


akaeutusi

その後、天啓の赤絵を元に京都の清水で写しを造り、毎日使うようになりました。写真の写しは先代が先生から分けてもらったもので、現在でも家にいくつか残っています。当時は先代がご飯茶碗に使ったりしていました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイトマップ | サイトポリシー | リンク