FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

時代付けの茶碗

chawan.jpg
            青山二郎時代付け茶碗
青山二郎先生はこれといった職業を持たなかった人でだったので、自由な時間がたっぷりありました。宇野千代先生の「青山二郎の話」や別冊太陽「青山二郎の眼」(1994年10月刊)にのっていますが、青山先生はたっぷりある時間を使ってよく新しい陶器の「時代付け」をしていました。陶芸をはじめて少しすると多少は先生の眼にかなったものが出来るようになりました。先生のマンション「ヴィラ・ヴィアンカ」に伺って批評していただき、帰るときに「これを置いてゆけ。」と、はじめの頃は「ぐい飲み」を、もうしばらくすると茶碗にも声がかかり置いていくようになりました。数ヶ月して先生のマンションにいくとぐい飲みが数個きれいな陳列棚に飾ってありました。古そうなぐい飲みがあるなと思っていると、先生が少しニヤニヤしながら「おまえの作ったぐい飲みだよ。」と言われたのでした。よく見ると確かに見覚えのある形でしたが、かんにゅうに茶渋が入り雰囲気のあるぐい飲みになっていました。それから家に帰って教わったように時代付けをしてみましたがなかなかうまくいきません。時代付けはとても時間がかかり難しい作業だったのでした。
写真の茶碗は先生の時代付けをした私の作品で「最近茶碗の高台が良くないぞ、これをよく見ろ。」と先生が奥の部屋から出してきたものでした。「参考にするから、持って帰ります。」と無理矢理持ち帰ろうとすると、先生はなかなかもいいとは言いませんでした。奥さんの和子さんが取りなしてようやく持ち帰ったものです。それでも先生はとても残念でならないと言うそぶりでした。それもそのはずで、この茶碗の時代付けにはどれほどの時間がかかったかを考えると納得出来ます。今となっては先生の形見のような茶碗で、和子さんもいない今となっては懐かしい思い出です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイトマップ | サイトポリシー | リンク