FC2ブログ

宇野千代きもの、小紋、草木染、藍染等、埼玉県熊谷市の着物(きもの)染色工房

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花のお嫁入り2017

kamome1.jpg

今年も「花のお嫁入り」で110本の熊谷桜が気仙沼に植樹されました。今年は完成したばかりの鹿折地区カモメ通り商店街でセレモニーと記念植樹をおこないました。
kamome2.jpg
kamome3.jpg

110本の熊谷桜が大きく育ち気仙沼の皆様を元気にしてくれることを祈念しています。

お花見

4月10日日曜日に桜ファンクラブのお花見に行きました。
昨年、一昨年と「花のお嫁入り」で気仙沼に行っていましたので3年ぶりのバスでのお花見です。
行き先は多摩森林科学園桜保存林です。

bus.jpg
25年前に桜ファンクラブで初めてお花見に行ったもの森林科学園でした。圏央道がつながったので、熊谷から1時間半で着きました。ずいぶん便利になりました。

sakura1_20160411151623fda.jpg
桜保存林は山の中にあります。

sakura2_20160411151624fb8.jpg
山道を登りながら250種類の様々な桜を見ることができます。

sakura4.jpg
ほとんどの桜に名前が記載されています。

sakura6.jpg
この桜には

sakura5.jpg
小さく熊谷とあります。残念ながら熊谷桜は見つかりませんでした。

sakura7.jpg
赤芽の綺麗な大木です。

sakura8.jpg
兼六園熊谷。

sakura9.jpg
科学園の後はさくら名所百選に選ばれている小金井公園です。この公園も様々な桜が咲いています。
大勢の人がお花見の宴を開いています。

rindou.jpg
足元を見るとハルリンドウが咲いています。想像以上に豊かな自然に驚きました。

錦秋の植樹

tutumi1_20151219125805c5b.jpg
12月13日日曜に桜堤清掃と熊谷桜植樹をおこないました。

tutumi2_2015121912580611f.jpg
小雨の桜堤は桜の葉が落ち、冬支度がすんでいます。このところの暖かさで草は青々としています。

nougoji.jpg
その後、永井太田の紫陽花で有名な能護寺に熊谷桜を植樹。この時期能護寺は紅葉も綺麗でした。

yorii1.jpg
それから車で移動して、寄居の教育委員会跡地に熊谷桜10本を「一年中桜にで会える町よりい実行委員会」の皆様と植えました。

yorii2.jpg
植樹セレモニーには寄居町の花輪町長や井部副町長、そしてJCの先輩でもある柴崎商工会長にもご参加いただきました。
桜を通して荒川流域の寄居と熊谷がより一層深く繋がっていくと願っています。

kouen.jpg
植樹した場所の隣は熊谷桜とも縁ある七代目松本幸四郎さんの別邸跡があります。今は雀宮公園となり紅葉見事なの盛りでした。

桜堤清掃

11月15日の日曜日に桜堤の清掃を行いました。

tuutmi.jpg
堤は雨上がりで瑞々しく、気持ちのよい一時でした。

tutumi1_2015111613331025f.jpg
さくら名所百選の石碑周辺にいつもより多いメンバーが集まりゴミをひろいました。

tutumi2_201511161333119c0.jpg
ファンクラブの副会長である小林哲也県会議員も田並県議と共に駆けつけてくれました。
この後、万吉の丹羽さんの所から熊谷桜の苗木を掘り起こして、熊谷桜の植樹です。


bira1.jpg
野鳥の森にある老人介護施設のグリーンフォレストビレッジの庭に2本。
今回の植樹を手配いただいた八木さんやグリーンフォレスト社長の網島さん他多くの皆さんと共に植樹しました。


inari1.jpg
接ぎに熊谷寺隣の奴稲荷に移りました。

inari2.jpg
奴稲荷総代の内田さんはじめ氏子の皆さんと共に植樹しました。

秋の接ぎ木講習会

tugiki1.jpg

9月の半ばを過ぎると暑いといっても真夏とは異なり、朝夕は涼しくなってきます。
この時期にまた、熊谷市障害福祉会館で桜の熊谷接ぎ木講習会を行いました。
(公財)日本花の会から小山先生をお招きしました。熊谷桜を育てる会は平成11年6月の挿し木講習会から数えるともう34回目です。
tugiki2.jpg

今回も芽接ぎの講習で皆さん熱心に接ぎ木に励んでいました。結果が分かるのは来春です。講習の後、再来年気仙沼に届ける熊谷桜を接ぎ木しました。

サイトマップ | サイトポリシー | リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。